Q: なぜ行動計画ができたのですか?

A: 今日の世界は、ロータリーが誕生した1905年の世界とは異なります。人口構成は変わり、変化の速度は増し、テクノロジーによってネットワークと奉仕のための新しい機会が生まれています。しかし、変わらないこともあります。それは、親睦、高潔性、多様性、奉仕、リーダーシップ、つまりロータリーを定義する価値観に対するニーズです。行動計画によって、ロータリーは過去を称えながら未来を受け入れることができるでしょう。ロータリーが時代に即した組織としてさらに発展し、進化していくための指針となるのが、行動計画です。

Q: ロータリーのビジョン声明と行動計画は、どのように立案されましたか?

A: ロータリーのビジョン声明は、次のように謳っています:「私たちロータリアンは、世界で、地域社会で、そして自分自身の中で、持続可能な良い変化を生むために、人びとが手を取り合って行動する世界を目指しています」。この声明は、ロータリー会員、元会員、ローターアクター、学友、青少年交換学生、ロータリー職員、その他の一般の人びとから得られた意見を基に作られました。アンケート調査やフォーカスグループ(座談会)を通じて、世界全体で100万人を超える人たちに意見を伺いました。こうしてできたのが、意欲と積極性を引き出し、ロータリーを未来へと導く一つのビジョンです。このビジョンは2017年6月に、ロータリー理事会と財団管理委員会によって承認されました。

ビジョン声明が採択されて間もなく、戦略計画委員会はロータリーの新しい行動計画の立案を開始しました。同委員会は、28カ国582名の参加となったフォーカスグループとインタビュー調査を通じて、再びロータリー会員からの意見を伺いました。2018年6月、新しい行動計画を推し進めるための戦略的優先事項と目的が、理事会と管理委員会によって承認されました。

Q: 行動計画とは何であり、会員にどのような影響を与えますか?

A: 行動計画は、組織レベルの活動を導くことを目的としていますが、ロータリーの核心はクラブと地区であるため、ロータリーの計画に沿ったクラブ・地区独自の行動計画を立てることが強く奨励されています。世界は急速に変化しており、これからの年度で発展を維持していくために、ロータリーは進化しなければなりません。この計画は、組織、会員、プロジェクト支援者、さまざまな機会、ロータリーのビジョンを支える活動を導くことで、過去を称えるとともに未来を受け入れることを目的としています。

Q: 行動計画はどのように展開されていますか?

A: この行動計画は2019-20ロータリー年度に導入され、現在は2年目にあります。国際ロータリーは、四つの優先事項を促進するために17の新たなイニシアチブを立案しました。ロータリーは、行動計画がクラブ、および戦略的優先事項を支えるクラブの役割にどのような影響を与えるかについて情報の透明性を維持していくことに力を注いでいます。

Q: 行動計画と共に、クラブと地区は何をすべきでしょうか?

A: 大切なのは、この計画がロータリー会員の意見を基に形づくられたということ、そして、これがロータリーに新たな機会をもたらす土台となることをすべてのクラブと地区に認識してもらうことです。この段階では、「行動計画」のページにある「リソース」セクションの資料を利用することがクラブと地区に奨励されています。

Q: ローターアクト会員は行動計画をどのように支援できますか。

A: 2019年規定審議会は、ローターアクトクラブを国際ロータリーの加盟クラブとして正式に認識し、ロータリー内でのローターアクトの立場を高めました。これにより、ロータリーが将来に革新的でインクルーシブ(包摂的)となり、世界に適応していく力をさらに高めていくことが期待されます。これらの若きリーダーは、世界の最も差し迫った課題への解決策を立てるロータリーの取り組みを担う一員となります。世界中の地域社会で、ロータリーとローターアクトの会員が力を合わせ、奉仕を通じて行動を起こします。

ロータリーは、行動計画の優先事項を成し遂げるために、ローターアクトの会員とクラブをロータリー会員基盤の欠かせない一部としてサポートしています。ローターアクターはこれまで、ロータリーの活動を支え、変化する環境に適応するための創造的な方法を見出してきました。ローターアクターは、ロータリーのコミュニティで若い世代や多様なグループの参加を促進できる立場にあります。ロータリーは、ローターアクトの価値と貢献を認識し、行動計画の実現を促すローターアクトの力に投資しています。

Q: 「ロータリーへの新しい経路」や「新しい参加者のモデル」とは何を意味していますか。

A: 参加者の基盤を広げ、より多くのリーダーや行動人によるロータリーへの入会を促すには、人びとがロータリーに参加するための新しい効果的なモデルを模索し、それを採用する必要があることを認識しています。これらのモデルは、イベントや奉仕の機会、クラブやロータリー全体にオンラインで参加することなど、さまざまな形式をとる可能性があります。最終的にどのような経路やモデルになろうと、ロータリーの戦略的焦点は、参加者による積極的な関わりを促し、それを強化していくことです。参加者とは、ロータリーのプログラム、イベント、クラブ、体験に関わるすべての人を意味します。クラブに入会するかどうかにかかわらず、これらの人が、個人的・職業的に成長し、多様な人と協力し、ボランティアや奉仕活動に参加できる機会を提供することです。これらのモデルは試験的に導入され、全面的な導入の前に、その成果を測り、課題を解決するために、必要な調整を加えることとなっています。

Q: ロータリー内のほとんどのリーダーシップ職が毎年交替する中で、どのようにこの戦略を成功させることができますか。

A: 毎年のリーダーの交代は、長期的戦略を実施するにあたって、ロータリーでの大きな課題として長年認識されてきました。しかし、現・次期リーダーを集結させる国際レベルでの活動と、計画における継続性を奨励する地元レベルでの活動が示してきたように、毎年新しくなるリーダーが経験を積み、活動に取り組みながら、組織としての戦略的視点を維持していく上で重要なのは、協力とコミュニケーションです。また、クラブや地区が独自の戦略計画を行動計画に合わせることで、私たち全員が同じ目標に向かって進んでいくことができます。

Q: 行動計画を支援し、前進させていくために、クラブで何ができますか。

A: 行動計画を支える上でクラブができる最も重要なことの一つは、新しい戦略の優先事項と目的に沿い、それを反映した独自の戦略計画を立てることです。調査によると、戦略計画を立てたクラブは、会員の参加促進においてより成功していることが分かっています。My ROTARYから利用できる戦略計画立案ガイドを利用し、このプロセスの一助とすることができます。ロータリーではまた、今後数カ月で優先事項を前進させるためにクラブができることに関する情報を提供していきます。